豚汁の味が薄い時の対処法!何かが足りない時の原因!旨みアップする超簡単な方法

スポンサーリンク
料理

豚汁の味が薄い時の対処法、何かが足りない時の原因をお伝えします!

味見したけど味が薄かったり、いつもの作り方で作ると、何かが足りない!という方はいませんか?

完成した後でも間に合う、すぐ味を調整できる方法があります。

使う調味料は2つだけ!必見です。

味が薄い時の対処法!

味が薄い時は調味料2で調整できます。

ちなみにこの対処法は、鍋の中で味を整える他に、お椀に入れて食卓に出してからでも間に合うので、是非お試しください。

めんつゆを入れる

めんつゆを使ってください。出来れば3倍や4倍濃縮の、濃度が濃い方がいいです。

めんつゆには、醤油やだし汁、みりん等の甘味が入っていてまさに豚汁の味付けと同じです。

わたし
わたし

我が家も最後にみりんを入れて仕上げます!

麺つゆに使われている醤油は合うの?と感じるかもしれませんが、味噌と同じ大豆から出来ています。

味が薄い時やぼんやりしている時に、力強く仕上げるにはぴったりで、すぐ出来る対処法です。

豚汁の味をもっと濃く美味しくしたい時に、味噌を多く入れても味が決まらないことが多いです。そういう時に使ってください。

ごま油を入れる

ごま油を少々入れて、かき混ぜてください。

量は、豚汁4杯分で小さじ1/2~小さじ1程度で十分です。

マル
マル

隠し味と言うとわかりやすいね!

たくさん入れすぎるとごま油が強くて別の料理になってしまいます。

少量入れて、コクと風味を付けるのが目的なので、量に気をつけてくださいね。

 

豚汁や味噌汁を作る時に、時短になる便利グッズがあります。

忙しい人時間がない人は、上手に使うと家事の負担が減りますよ!

味噌汁作りに便利な調理器具や道具!超時短で簡単になる話題の8選を紹介
味噌汁作りに便利な調理器具や道具があるんです! だし汁を用意することや、味噌の量や味を調整するのが面倒!というお悩みの方は多いです。 複雑な料理ではないからこそ、もっと時短で簡単に出来たらいいですよね! そんなお悩みに応え...

何かが足りない原因は「豚汁の基本」が抜けてること多し

豚汁が出来たのに、味が薄いし何かが足りない!美味しくないと感じる時は、原因があります。

先にご紹介した方法でひとまず対処できますが、次回作る時はこれを意識すると、失敗がありません。

何かが足りない原因を4つお伝えします。

炒めてない

めんどくさいからと、具材を炒めずに水を注いでいませんか?

野菜や肉はよく炒めることで、コクが出ます。

野菜スープでもそうですが、よく炒めたものは塩で味をつけるだけで絶品になるのに対して、炒めずに作ったものははっきり言ってまずいです。その位差があります。

だし汁を省いてる

だし汁を省いていませんか?

だし汁は和食に欠かせない旨み成分です。美味しいか美味しくないかは、だし汁の有無で決まると言っても良いほど。

丁寧にかつおと昆布でだしをとるのも良いですが、面倒な人はだしパックもあります。

全て国産のこちらはお値段も安く、普段の味噌汁にも試しやすくなっています。

時間がない方は顆粒だしも良いですが、体に入る栄養が豊富な、天然のだし汁がよりおすすめです。

牛蒡や椎茸などだしが出る食材が入ってない

良い風味とだし汁が出る食材というのがあり、牛蒡はその1つです。豚汁にはよく牛蒡が使われますよね。

根菜類は合うという他に、牛蒡は炒めると特に良い風味が出ます。こういった風味が豚汁を食べた時に美味しいと感じるんです!

ちなみに、ささがきがめんどくさい方は、薄くスライスでOKですよ。何も問題ありませんし、簡単なのでお試しください。

牛蒡がなければ、椎茸も良い風味が出ます。牛蒡がない時に使ってみてくださいね。

豚バラ肉を使ってない

豚汁に使う肉は、豚バラ肉が基本です。

豚バラ肉は、豚肉の中でも特に油が多い部位です。油はカロリーが少々高くなりますが、旨み成分たっぷり!

他は省いていても豚バラ肉さえ使っていれば、それなりの美味しさにはなります。

スーパーでは豚こま切れ肉や切り落としが安いので、豚汁に使いたくなりますが、是非一度豚バラ肉でお試しください。

味の違いに驚くこと間違いなしですよ。

もう失敗しない!美味しい豚汁の簡単レシピ

これでもう、失敗とはさよなら!

基本の豚汁の簡単なレシピばかり集めました。どれも人気のレシピです。

材料や調味料に個性があるので、作りやすいと感じたものを試してくださいね。

 

■ほっとする美味しさ基本の豚汁

ほっとする美味しさ!基本の豚汁 作り方・レシピ | クラシル
「ほっとする美味しさ!基本の豚汁」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。ほっとするおいしさ、豚汁のご紹介です。肉や野菜を炒めることで旨みが凝縮されますよ。豚バラ肉以外にもお好みの部位や形状のお肉に代えてもおいしく作れます。季節の野菜やきのこなどを組み合わせて、アレンジをお楽しみくださいね。

こんにゃく入りの豚汁は、ほっとする美味しさです。基本の豚汁をお楽しみください。

 

■簡単我が家の豚汁

簡単!我が家の豚汁 by kagety
つくれぽ600件超え♡感謝です!!ごま油が食欲をそそる具だくさんの豚汁。体がぽかぽか温まる、ほっこり美味しい1品です♪

ごま油を使って、香ばしい風味をアップさせた豚汁です。

 

■驚く美味しさ基本の豚汁

驚く美味しさ*基本の豚汁 by まこりんとペン子 / レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ
寒くなって来ると食べたくなる、お味噌汁の定番「豚汁」 身体を内側から温めてくれる「豚汁」は、一杯でたんぱく質、ビタミン、ミネラル等の栄養を効率的に摂取出来る万能メニューです。 そんな栄養満点の「豚汁」が、ほんのちょっとのコツで驚く美味しさに出来上がりますよ! 多めに作って、次の日の朝に食べたり、うどん...

ごま油と生姜を使って、体がポカポカ暖まるレシピです。

 

先ほどご紹介したように、お肉は豚バラ肉が基本です。これらのレシピでも豚バラ肉を使っていますよね。油が多い部位の方が美味しいんです。

慣れたら、こま切れや切り落としでも失敗しませんが、はじめは豚バラ肉でお試しくださいね。

豚汁は味が薄くても簡単に直せる!基本を覚えて次回は絶品に

豚汁が完成した後に、速攻で簡単に味を直せる方法をご紹介しました。決め手はめんつゆとごま油です。

いざという時は直せますが、次回作る時はできれば絶品に仕上げたいですよね。

絶品に仕上げるコツは4つあります。(上の方の何かが足りない原因を見てくださいね。)

この基本を守ると、びっくりするほど美味しくなるので、いつも上手くいかない方は是非試してみてくださいね!

根菜をメインに使った場合は、作り置きも出来ます。

鍋にたっぷり作れば、翌日楽できちゃいますよね。味が染みた豚汁も楽しんでくださいね♪

 

タイトルとURLをコピーしました