淹れたてのサイフォン珈琲が飲める!女性1人でも入りやすいおすすめの喫茶店は?

スポンサーリンク
おすすめの飲食店

私は自宅で珈琲をドリップして毎日飲みます。

外出先でも「本格的な美味しい珈琲が飲みたいな~。入りやすいお店で・・。」と思うことがあるのですが、そういうお店がなかなかないんですよね。

気軽に入れるチェーン店の珈琲は、時間帯によって味が違ったり、雑味があったりと実はあまり美味しくないんです。

そんな時、女性一人でも入りやすい、淹れたてのサイフォン珈琲が飲める「現代風喫茶店」を見つけましたのでシェアしようと思います!

淹れたてのサイフォン珈琲が飲める「倉式珈琲店」

 おすすめする喫茶店は「倉式珈琲店」です。

カフェで検索しても出てきますが、現代風のおしゃれな喫茶店という雰囲気。

ここのおすすめは、何といっても「サイフォン珈琲」。

サイフォン式の珈琲をいただけるお店はあまりないので、特別感がありますよ。

注文を受けてから1杯ずつ丁寧に淹れてくれます。たっぷり1.5~2杯頂ける量が入っていますよ。

サイフォン式の特徴

ペーパードリップで淹れた珈琲は「しっかりとした珈琲の濃さ」を感じられますが、サイフォンで淹れた珈琲は、「すっきりとりたマイルドな味わい」です。

サイフォンは19世紀頃のヨーロッパで発明された、気圧の変化を利用して珈琲を抽出する道具。

日本では大正時代から使われているとか。とても長い歴史のある道具です。

サイフォン本体の価格が高いことや、維持費がかかるので、扱っているカフェや喫茶店は少ないのかもしれません。

私は、あの独特の見た目が大好きです。それに、抽出工程にインパクトがあり、それだけでも本格的な珈琲が飲める期待ができます。視覚でも楽しめてしまいます。

お値段

サイフォン珈琲のお値段は、370円(+税)~420円(+税)。使う豆の種類によって値段は変わります。

値段が高い豆の方がおいしいのでしょうか?そんなことはありません。

私はよく「本日のストレート370円」を注文しますが、すっきりと飲めてとても美味しいです。

全体のお値段的にはお安くはないですが、サイフォン式でこの美味しさで、1.5~2杯分飲めると考えれば、コスパはとってもいいと思います。 

店内の雰囲気

店内の雰囲気は「現代風喫茶店」という言葉がぴったり。

レトロな雰囲気漂いつつ、とてもおしゃれ。それなのに落ち着いていて、女性一人でも入りやすく、居心地の良い空間です。

年齢層

年齢層はやや高め。

今時のおしゃれなカフェのように学生や20代の方でいっぱいというよりは、30代以上、主婦やサラリーマンや、70~80代くらいの方が楽しくお茶している姿も見かけます。

メニューの特徴

珈琲は、ウインナーコーヒー、抹茶ラテや豆乳ラテ、他にはロイヤルミルクティーやココアもあります。

モーニングは、ドリンク代のみでゆで卵と厚焼きハーフトーストが付くセットが基本です。

その他に、ホットサンドやフレンチトースト、石釜カンパーニュサンドのセットなどもあります。 AM11時からはドリアやダッヂフレンチトーストのセットも選べます。

デザートは、ケーキや和スイーツ、スイーツ系ドリンク、季節のメニューもあり、メニューはとても豊富に選べるのが嬉しいです。

そして、デザートの盛り付けがとてもこだわっている印象。クオリティが高いです。ひと手間かかっている盛り付けで、私はテンションがあがりました。

一見おしゃれなお店でも、ただお皿に出すだけだったり、盛り付けのセンスがないとがっかりですよね。

盛り付けの他には、器も良いものを使っている印象でした。

ここまで来ると、喫茶店の領域は軽く超えていますので、カフェ巡りが好きな女子にも満足してもらえるのではないでしょうか。 

まとめ

「本格的な美味しい珈琲がのみたいな~」と思っても、今時のおしゃれなカフェは珈琲がイマイチ。

本格的な珈琲を出してくれる喫茶店は喫煙可のことが多く臭いが気になるし、入りずらい。

そう思っていました。「倉式珈琲店」はサイフォン珈琲が飲めますし、食事やデザートの種類が豊富。

タバコも吸えますが完全分煙なので、禁煙のスペースは全然臭いもしません。(私はタバコが凄く苦手ですが、臭いは気にならなかったです。)

それに、女性が一人で入りやすい雰囲気というのはとっても重要。実際、女性のお客さんはとても多いですし、居心地は最高です。

喫茶店の枠を超えた、現代風喫茶店。雰囲気、メニュー、環境、とてもバランスが良くまた行きたくなるお店です。こういうお店がもっと増えてほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました