食器の洗い物が苦手な人必見!キッチンに溜まる洗い物を手際よく片付ける方法。

スポンサーリンク
暮らし

主婦のAさんからこんなお悩みをいただきました。

 

「料理すると必ずキッチンがぐちゃぐちゃになるんです。食器の洗い物が溜まって手際よく片づけられない。もう何もやりたくなくなります。」

 

洗い物って面倒ですよね。でも毎日のご飯作りをする上では避けられないし、放置すれば溜まる一方です。

 

溜まった洗い物を片づけるのも結局は自分・・・。実は洗い物が苦手という人はとても多いのです。

 

 

そんな洗い物を、手際よく片づけられたらいいですよね?ここでは、なぜ洗い物が山のように溜まってしまうのか?そして最後まで手際よく片づける方法をお伝えしようと思います!

なぜ洗い物が溜まるのか

なぜ洗い物がたくさん溜まるの?それは、料理中に、次々と綺麗なボウルやザルや、菜箸や軽量スプーン等の調理器具を使うからです。

 

使ったら使っただけ溜まります。そして次々使って洗うのはまとめてやろうとするから余計に溜まるのです。

 

食器の洗い物を減らす技

洗い物をある程度減らす技があります。カレーを作るとして、肉と野菜は切った後分けなきゃいけませんが、野菜同士は一緒に入れても大丈夫です。

 

肉用に小さなボウルを1つ。野菜用に大きいボウルを1つで大丈夫です。

 

野菜は、じゃがいもはさっと水で洗い流し、ボウルに入れます。そしてそのボウルに切った人参と玉ねぎも入れます。なるべく新しいボウルは使わずに、まとめられるものは、まとめます。

 

次にサラダを作るとします。ここで、カレーを煮ている間にレタスを洗うことにします。

 

先ほど使ったお肉のボウルは流しに置いて良いですが、野菜を入れていたボウルは流しに置かずにさっと水で流してレタスを洗うためにそのまま使います。

 

わざわざ、新しいボウルは使いません。使いまわします。

 

菜箸や、計量スプーン、おたま、フライ返しなども同じくです。

 

油で汚れたら洗剤のついたスポンジでさっと洗って同じものを使うのです。

 

それに、計量スプーンの場合は、油を量る時は砂糖や醤油のあとに量るようにすれば洗う手間を省けます。

 

初めは面倒くさいな~。と感じるかもしれませんが、わざわざ新しいものを使わずに、チョコチョコ洗って使いまわすようにすると、洗い物はすごく減ります。

 

必ず準備してほしいキッチンアイテム

  必ず準備してほしいキッチンアイテムがあります。

 

それは、キッチンを拭くフキンです。

 

こちらは、こまめに取り替えて清潔なものを使えるように、百円ショップのもので大丈夫です。料理の前に水で洗ってぎゅっと絞ってスタンバイさせておきましょう。

 

「料理してる途中にぐちゃぐちゃになってもう嫌だ・・。」それは、水浸しになったり、調理器具が散らかっていたり、使いっぱなしになってるからなんです。

 

料理の途中で、何度かキッチンの上を拭くことが大事です。

 

よく見ると、水浸しになっていたり、調味料が飛んでいたり、汚れているはずです。それをサッと拭いてみてください。すごく!スッキリきれいになります。

 

洗い物が面倒にならないために

キッチンを拭く癖がついたとします。

 

そうしたら、ついでに使い終わった調理器具や使い終わった鍋を流しに移し、洗ってしまいましょう。料理の途中で、一旦リセットする気持ちで。

 

これが面倒だと感じると思うんですが、後々この何倍もの洗い物を残して、まとめて洗う方が面倒です。

 

プチリセットしましょう。これでかなり片付き、後々大量の食器の洗い物を洗わなくて済みます。

 

ついでに片づける、洗う。というのが、洗い物がたくさんたまらない秘訣です。

 

何かを煮ている間や、料理がひと段落した時や、キッチンを、吹くついでにやるのがおすすめです。 

 

まとめ

 食器の洗い物を全く出さないことや、極端に減らすのは難しいです。

 

例えば極端に品数の少ない「卵かけごはん」だけ。

 

とかにしないと無理だと思います。家族には栄養のあるものを、できるだけ食べてほしいですよね。

 

そうすると、メインの料理に1品、2品と増え、それに伴い洗い物の量も増えます。

 

私は食器の洗い物は仕方ないと思うのです。ですが、どうか、苦手意識を持たないですっきり片づけてほしい。

諦めないでほしいのは、洗い物はある程度減らすこともできますし、手際よく片づければすぐに終わることなのです。

 

ちょっとの工夫をするだけなんです。洗い物を嫌いになるのではなく、手際よくスムーズに片付けられますように。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました