巻きすの正しい洗い方のコツと保管方法!手入れが楽で汚れない最新便利グッズも紹介

スポンサーリンク
料理

巻きすの正しい洗い方のコツをお伝えします。

巻き寿司や、だし巻き卵の形を整えた後、ご飯粒や卵液がついてベタベタ・・・そんなお悩みを今日は解決しましょう。

料理が好きで栄養士の私が、主婦目線で厳選した、手入れが楽でもう汚れない便利グッズもご紹介します。

巻きすの正しい洗い方のコツ

巻きすの正しい洗い方にはコツがあります。ポイントは3つです。

①お湯に浸ける
②たわしや竹串で洗う
③洗剤はできるだけ使わない

まず、40℃程度のお湯に5分~10分浸します。汚れを柔らかくして浮かせ、洗った時に落ちやすくなります。

次に、たわしや竹串で洗います。

※金属たわしは傷が付くので使わないでくださいね。

巻きすは竹と竹を紐でつないであり、その隙間に入った汚れや、紐にからみついた汚れが取りづらくて、みんな苦労します。

スポンジで表面の汚れをササっと洗い流し、たわしで巻きすの隙間の汚れを落とすように洗うのがコツです。

どうしても落ちない場所があるので、そういう場所は竹串を使って掃除すると落ちやすいです。

洗い方としては、食器用の洗剤を使わないことも大事。竹は天然のものなので、洗剤の香りや成分がしみ込んでしまいます。

気になるほど油汚れがひどい時は、食器用の洗剤を水で薄めてつかうようにしてください。

さらに、より落ちやすくするには次のことをやりましょう。

■使う前に水でしめらせる
■使った後は放置しないですぐに洗う

そんなこと?と感じるかもしれませんが、このひと手間で、洗う時とても楽になり、竹串を使わなくても落ちやすくなります。

水で湿らせることにより、汚れのこびりつきを防ぎます。

さらに使った後にすぐ洗うのがコツで、ご飯粒が固まって取れなくなったり、だし巻き卵の油がしみ込むのを防げます。

このブラシはたわしよりも毛が長く、よくしなって、すき間に入ります。我が家でも現役で使っているものです。

巻きすの掃除にも最適です。

手に力が入りやすい形もあります。おしゃれなだけではなく、実用的です。

巻き簾の正しい保管方法

巻き簾の正しい保管方法もお伝えします。

ポイントは3つです。

①よく乾かす
②ビニール袋は使わない

③高温多湿を避ける
洗った巻き簾はすぐフキンで拭き、立てかけて、半日くらい乾燥させます。ここでしっかり乾燥させないとカビの原因になります。
しまう時にビニールやシップロックの密封袋を使う人も多いですが、密封することもカビの原因になります。
菜箸やトングのように、そのままシンク下の引き出しにしまえばOKです。
高温多湿に弱いので、火の近くに置いておくなどはやめましょう。

手入れが楽で汚れない便利な巻きす

それでも、「巻きすを洗うの面倒~!何とかしたい!」という人に朗報です。

プラスチック製品の巻きすがネットショップに売っています。これならさっと洗えば落ちるし、カビや湿気対策をしなくてもいいですよね。

あのくら寿司が出している巻きすがあります。3色あり好みの色を選べます。手頃な値段で日本製なのも人気があります。

こちらはなんと、食洗器で洗えます。しなやかで巻きやすいと評判で、管理がしやすい巻きすです。色も5色選べ、落ち着いた色もあります。
番外編として、巻き簾の上にラップを敷いて巻くという方法もあります。

しかしラップを巻き込んでしまったり、ヒラヒラして巻きづらさもあります。

やはり一番のおすすめは、そのまま巻いて、きちんとお手入れして保存する方法です。

巻き簾はコツを掴んでお手入れ楽々!苦手な人は便利グッズも上手に使おう

洗い方やコツなど、文章で書くと難しく感じることも、やってみると「あ、これでいいんだ。意外と簡単!」と感じることも多いです。

ちなみに、巻きすは表と裏があるので、用途によって使い分けるといいですよ~。

巻きすの使い方はどっちが裏表?模様を付ける時逆に使うってホント?
巻きすの使い方はどっちが裏表なんでしょうか。 また、伊達巻や卵焼きに模様を付ける時に逆に使うって本当? 使う向きについても解説いたします。 巻きすの使い方はどっちが裏表? 巻きすの使い方ですが、実は裏表は決まっていま...

新しいことを試すのは、始めはちょっと面倒ですが、使う前に水でぬらすなどは簡単にできますよね。

細かい汚れを落とすのに竹串の方法がありますが、早めに用意しておけば安心です。

昔ながらの天然素材の巻き簾は使いやすい、巻きやすい!とお好きな方も多いです。便利なプラスチック製品と好きな方でお試しくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました