【超時短!】ひじきの戻し方。ザルに引っかからない方法も。

スポンサーリンク
料理

煮物にしてもサラダにしても美味しいひじき。栄養が豊富なので、積極的に摂りたい海藻です!しかし、ひじきといえば、戻すのに時間がかかる、戻し方がわからない、ザルにひっかかる、面倒とか、ネガティブなイメージも聞こえてきます。

そんなあなたに朗報!ひじきは一瞬で戻せますし、時間もとられません。ザルにもひっかかりませんよ。仕事から帰った後でも気軽に料理できます。超時短なひじきの戻し方や、ザルにひっかからない手順までお伝えしますね!

超時短!ひじきの戻し方

通常ひじきを使うには、「水で戻す」という作業が必要です。乾燥したひじきをボウルに入れて、たっぷりの水を入れて待つのですが、完全にひじきが戻るまで20分~30分かかります。それを3分でやってしまう方法をご紹介しますね。

まず、鍋やヤカンや電子ケトルで、お湯を沸かしておきます。ボウルにひじきを入れ、そこにたっぷりの沸いたお湯を注ぎます。実にこれだけ!超時短で5分ほどでひじきを戻すことができます。

たっぷりのお湯と書いたのは、ひじきが戻ると大きく膨らんで増える為です。乾燥ワカメのような感じですね。乾燥ひじきの量よりも多くお湯を注いでください。ちなみに、ここで使ったひじきは、太めの「長ひじき」です。

※お湯を注ぐ前

※お湯を注いだ直後

※お湯を注いで5分後

ひじきは海藻ですので、砂が付いていることがあります。戻したら、2回くらいは水を取り替えて、洗ってくださいね。

私はいつも電子ケトルでやります。数年前は電気ポットを使っていた時もあります。

電子ケトルや電気ポットの良い所は「洗い物が出ない」ことです。洗い物が出ずに時短で下ごしらえが出来るのは、最高ですね。

ひじきがザルにひっかからない方法

ひじきの水をきる時に、ザルにひっかかって取れない、もう嫌~!という声をよく聞きます。

これが嫌で、ひじきの調理から遠のいている人もいるくらい、大問題なのですね。大丈夫です。この手順で行えば、ザルにはひっかかりませんよ。

①ひじきをボウルに入れて、沸騰したお湯を入れて戻す。この時に、ザルを重ねないこと。ザルを重ねると戻したひじきが大きく膨らみ、ザルにひっかかって取れなくなります。

②たっぷりのお湯で戻したひじきを、ザルにあける。

これだけです!当たり前のようで、なかなか気づかないのですが、ひじきが戻る過程で大きく膨らむことでひっかかるのです。ザルを使う順番を間違えなければ大丈夫ですよ。

ひじきを戻したお湯又は水は使えるのか?

乾物を戻すと、戻したお湯又は水を料理に使うことがありますよね。ひじきの戻したお湯又は水は、捨てましょう。

食材によるのですが、だし汁が出る食材と、出ない食材があります。

干し椎茸や、切り干し大根などはだし汁が出る食材なので、戻し汁も使いますが、ひじきやワカメはだし汁が出ない食材なので、戻したお湯又は水は捨てましょう。

ひじきを使ったおすすめレシピ

ひじきを使った、作りやすそうなレシピをまとめましたので、参考にしてくださいね。煮物からサラダまで、ひじきは幅広く料理に使えますよ。

■コクうまひじきの煮物

コクうま ひじきの煮物 作り方・レシピ | クラシル
「コクうま ひじきの煮物」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。ひじき、野菜、大豆を甘めの煮汁でじっくりと煮ました。ごま油で炒めているので香ばしい風味が加わり、どんどん箸が進むおいしさです。ごはんのおかずにはもちろん、お弁当の一品にもおすすめですよ。ぜひお試しくださいね。

■簡単ひじきの煮物

✿簡単✿ひじきの煮物 by ぱりぱりいちご
材料さえあれば、簡単に出来ちゃいます!美味しく出来たと思います☆彡 H23.12.06 100人話題入りしました♡

■茹で大豆とひじきのサラダ

ゆで大豆とひじきのサラダ
煮物にすることの多いひじきですが、さっともどしてドレッシングで和えると、たっぷりいただけるサラダに。

■ひじきと糸こんにゃくのデトックスサラダ

ひじきと糸こんにゃくのデトックスサラダ【#簡単#作り置き】 by Yuu / レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ
野菜を炒めて特製ドレッシングで和えるだけと、とっても簡単! 炒めることで余分な「水分」が飛び、うまみがグンとしみこみます。 たくさん食べても罪悪感なく「3日分の野菜不足をチャラにするほど優秀」なんで 「ダイエットしたい人」 「野菜不足が気になる人」 「食欲がとまらなくて困ってる人」 ぜひ!!...

まとめ

ひじきは鉄分、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。貧血気味の方や、骨を強くしたい人。腸の動きを良くしたい人におすすめの食材です。

とはいえ、こういった効果を期待するには、「量」を食べることも大事になってきます。

少量じゃ意味がないんですね。

彩のアクセントに使っているひじきの料理よりも、ご紹介したようなひじきがメインのレシピはおすすめ。是非作っていただきたいです!

ひじきは簡単に戻せます。コツをつかめばザルにもひっかかりませんし、ケトルやポットを使えば洗い物の手間もありません。

こちらの記事で「面倒・大変」というイメージが良くなってもらえたら嬉しいです。是非とも、ひじきを料理に取り入れてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました