【スッキリ】ヨーグルトキムチのふるふる豆乳スープのレシピ・発酵食品で超効率よく免疫力UP!

スポンサーリンク
料理

2020年6月10日放送の【スッキリ】で、「ヨーグルトキムチのふるふる豆乳スープ」が紹介されました。

教えてくださったのは、料理家の井澤由美子さんです。

井澤さんは、季節の野菜と効能を活かした、体にいい料理を専門とされています。

調理師や、国際中医師などの専門的な資格も持っておられ、大変人気のある料理家さんでいらっしゃいます。

インスタグラムでも大人気の、美人の井澤先生です!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

井澤由美子の食薬ごはん(@yumiko_izawa)がシェアした投稿

 

さっそくレシピを紹介します。

ヨーグルトキムチのふるふる豆乳スープ【レシピ】

調理時間10分!

【材料・・・1人分】

  • キムチ・・・適量
  • ヨーグルト・・・適量
  • 黒酢・・・大さじ1
  • 醤油・・・小さじ2
  • 豆乳・・・200cc
  • 鰹節・・・適量
  • 刻みネギ・・・適量
  • ごま油・・・ひとまわし

※キムチをヨーグルトは同量でお好みの量を

【作り方】

  1. 同量のキムチとヨーグルトをスプーンで混ぜる。
  2. 深めの器に黒酢と醤油を入れて、温めた豆乳を注ぐ。(ここでふるふる状態になる)
  3. 上にヨーグルトキムチを乗せて、さらに鰹節、刻みネギをトッピングして、ごま油をひとまわしかける。

【ポイント】

※作り方2で、豆乳が黒酢と凝固反応を起こし、液状がふるふるに変化しますのでご安心を。

※キムチの乳酸菌は60℃以上で死滅するので、絶対に温めないこと。

ヨーグルトキムチのふるふる豆乳スープ【乳酸菌のスペシャリストからのアドバイス】


乳酸菌のスペシャリストである、岡田早苗先生からのアドバイスです。

「昔の人は家で作った漬物(発酵食品)を、毎日少しずつ食べていましたよね。

食べる量が多いのではなく、毎日少しずつというのがポイント。乳酸菌をコンスタントに摂るのが私は良いと思います。」

とのお言葉でした。

この機会に、前々から気になっていたぬか漬け(発酵食品)を始めてみようかな?という人は、スターターキットが始めやすいです。

 

◆カンタンぬか床セット◆

テレビでも紹介された商品。専用容器も付いていますし、初心者向けの説明書もついていて助かります。
◆簡単に始めるぬか漬けの教科書◆
まずは、お勉強してからという人はこちらがおすすめ。ぬか漬けを簡単に始められるエッセンスが詰まっています。

免疫力UPする発酵食品に注目を


発酵食品は体にいいですし、豆乳と合わせてよりヘルシーにいただけますね。

これからは、免疫力を効率よく上げるのに、発酵食品がますます注目されそうです。

発酵食品は、レシピで使った【キムチ、ヨーグルト、酢、醤油、鰹節】以外に【納豆、チーズ、塩辛、塩麹、魚醤、日本酒、漬物、甘酒】などもあります。

是非お料理に使ってみてくださいね。

人気の料理家さんで美人な、井澤先生のインスタグラムも要チェックですよ。レシピは是非お試しください!

◆関連記事◆

にんにくの賞味期限が半年以上もつ方法!冷凍や醤油漬けで長期保存が可能
にんにくの賞味期限が【半年~1年】もつ方法が、実はあるんです! にんにくは、1回の料理で1粒しか使わないことも多いですよね。 なんとか長期保存できないか、考えたことはありませんか? 半年以上もつなら、賞味期限を気にしないで...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました