納豆のたれ気になる塩分は?一緒に食べて無理なく減塩可能な食品7選

スポンサーリンク
食べ物

納豆のたれ、塩分が気になりませんか?お気づきだとは思いますが、たれを全部入れるとかなりしょっぱいです。

高血圧の方や、普段から健康を気にする方は、塩分について特に気になりますよね!

栄養士の私が、一緒に食べて、無理なく減塩可能な食品7選もご紹介しますので、是非ご覧くださいね。

 

納豆のたれ気になる塩分は?

納豆1パック当たりの塩分は、0.7g前後です。

それでは、メーカー別にご紹介しますね。

おかめ納豆

■納豆50g
■エネルギー:108kcal(101kcal)
■たんぱく質:8.6g(8.0g)
■脂質:4.7g(4.6g)
■炭水化物:7.8g(7.0g)
食塩相当量:0.7g(0.002g)
※目安の量です
※()内は納豆だけ

やはり、これだけ食塩の量が入っているのですね。

たれの塩分は書いてませんが、全体から納豆の塩分を引くと、ここに書いてあるのは、ほぼたれの塩分ということがわかります。

私が納豆のたれを使う場合は、1/3~1/2量しか使いませんが、それでも十分しょっぱいです。

では、次のメーカーいってみましょう。

 

 

イオン・トップバリュ

■納豆40g
■エネルギー:76kcal(70kcal)
■たんぱく質:6.4g(6.2g)
■脂質:3.6g(3.6g)
■炭水化物:6.1g(4.8g)
食塩相当量:0.5g(0.0g)
※目安の量です
※()内は納豆だけ

イオン・トップバリュの方がやや塩分低め。ただし、もともと入っている納豆の量が少ないことから、たれの量が少ないことが考えられます。

どちらも試しましたが、共通して言えることは「たれ全部入れたらしょっぱすぎ」ということです。

わたし
わたし

たれは半分で十分!

 

試しに、半分にしてみてください。あのたれはかなり濃度が濃く、塩分が凝縮されていることがわかるはずです。

納豆を食べた後にパックのネバネバがするっと落ちる方法も、合わせてお読みください。

納豆パックを速攻綺麗に!洗い方は予想以上に簡単だった!驚きの方法3つ
納豆パックが速攻綺麗になる洗い方!簡単な3つの方法をご紹介します! 納豆のパックのネバネバ、なかなか落ちない~!と、ごしごしスポンジで洗ってませんか? もっと簡単にネバネバが落ちる方法があるんです。ご紹介いたしますね。 納豆パ...

納豆のたれを半分にすることに慣れれば、薄味が美味しくなってくるので、他の食べ物を食べるときも応用できます。

薄味に慣れることは、結果、1日の食事全体を減塩できることになるんです。

サラダのドレッシングや、お刺身や冷奴の醤油も今までドボドボかけていませんでしたか?

特に血圧が気になる方には、普段使うドレッシングも減塩にすると、摂取塩分が大きく抑えられます。

調味料は少なすぎるくらいで、一度試してください。素材の味に気づくかもしれませんし、案外イケる!と思えればこっちのものですよ。

健康には、野菜を摂ることも大事ですよね。九州産の野菜にこだわりぬいた安心・安全な青汁が、再注目されています。

多めの水に溶かして飲めば、水分補給にも!野菜不足の解消に納豆と一緒に食事に取り入れるのがおすすめです。

ドクターベジフル青汁は飲み方豊富で飽きない!九州産野菜で無添加の秘密
ドクターベジフル青汁の飲み方は、豊富で飽きない!と評判です。 購入してみたいけど、続けられるか不安になる方は多いですよね。 飲み方のバリエーションがあれば、負担にならず続けることができます。 さらに変化を期待する場合の飲む...

納豆と一緒に食べて無理なく減塩可能な食品7選

減塩で、食事が美味しくないとか、我慢しているのは辛いことですよね。

どうせなら、美味しく減塩したいものです!

納豆に追加して美味しく減塩できる7つの食品を紹介しますね。

■茗荷(刻む)
■長ねぎ(刻む)
■大根おろし
■アボカド(1cm角に切る)
■からし
■柚子胡椒
■オリーブオイル

香りがするもの、風味がするものが中心です。

わたし
わたし

納豆はタンパクな味だから、香りや風味でアクセントが付くと食べやすいよ!

上に書いてある2つや3つを組み合わせるのもおすすめですよ。

例えば・・・。

■アボカド+オリーブオイル+たれ半分
■大根おろし+たれ半分
■長ねぎ+からし+たれ半分
■柚子胡椒+オリーブオイル+たれ半分

たれをポン酢に変えてさっぱりといただくのもおすすめです。

オリーブオイルはポリフェノールやビタミンEたっぷり。案外和食にも合うんですよ。

お刺身に、オリーブオイル、醤油、わさびで食べるのも最高に美味しいです。

ご家庭にある醤油などを、こちらの減塩調味料セットに変えると、食事全体の塩分量を簡単に減らせます。初回限定なので試すなら今がお得です!

納豆についているからしを取って置くことありませんか?からしの賞味期限や、無駄にしない使い道については、こちらをご覧ください。

納豆のからし賞味期限はわずか!もう悩まない相性バッチリの使い道
納豆のからし、賞味期限は、実はわずかしかないんです。 パックの中に入っているあのからし。なにげに、使わない人も多いことは有名です。 残るともったいないので取って置くけど、何に使えばいいのか悩む・・・。といったところ。 いつ...

納豆のたれは少量で十分足りる!合わせ食材で楽しく減塩を

納豆のたれは、少量で十分味がします。目安としては半分程度。私は割としっかり味も好きですが、塩分に気をつけて、メリハリをつけて食べています。

味が薄すぎて、美味しくないのも嫌なのです。でもそれは、大体の人が感じていることなのでは?と思います。

マル
マル

上手にメリハリつけて美味しく食べたいね!

この世の中に、薄味で美味しいものってあるんです。その中に納豆も含まれます。豆の味をもっと楽しんでください。

美味しい納豆を薄味で食べるのが一番の贅沢だと思います。

納豆は、調味料を控えて薬味など合わせれば、素材の味がして美味しいですし、冷奴も面倒くさがらないでしっかり水切りすれば、大豆の味がしてとびきり美味しくなります。

ひと手間で全然違うんですよね。

「楽しく減塩」をスローガンに、一度試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました