さつまいもが絶品の食べ方は茹でるだけ!癖になる4つのアレンジも紹介!

スポンサーリンク
料理

さつまいもが絶品になる食べ方は、茹でるだけです!

小腹が空いたときのおやつや、焼き芋にしたいけど手間がかかる、そんな時に手軽に美味しく出来たらいいですよね。

さつまいもはビタミンや食物繊維がたっぷり含まれており、美容にもいいんです。脂質も少なく健康のためにおやつをさつまいもにする方が増えていますよ。

茹でる方法を3種類と、レンジで作る方法、さらには火を通した薩摩芋のちょい足しアレンジもご紹介します!

さつまいもが絶品の食べ方は茹でるだけ!

さつまいもの食べ方で、茹でるだけの方法をお伝えします。

こちらでご紹介するのは、よく袋に3本入りで売っているさつまいもで、1200g前後の物です。

▽てのひらサイズ▽

ホクホク感がアップするコツや、時短できる方法もあるので、どうぞご覧ください!

まるごと茹でる方法!ホクホクアップ

まるごと茹でる方法をご紹介します。

切らないでまるごと茹でると、ホクホク感がアップしますよ!

①さつまいも200gを鍋に入れたっぷりの水を注ぎます。
②蓋をして火にかけて沸騰させます。
③弱火で20分茹で、湯をきります。
④竹串か菜箸を刺して、火が通っているか確認して、完成です。

皮の表面をきれいに洗ったら、鍋の中に入れて水を注ぎ、火にかけます。(水から茹でます)

200gで20分程度を目安として、タイマーで時間をはかってください。時間になったら、竹串や菜箸を刺します。

ぎゅぎゅっと押し込んで入る場合は、まだ生の状態です。追加で数分茹でてください。スッと入るようなら火が通っているのでお湯を切ってください。

200g程度の薩摩芋だと、さほど時間がかからずにできます。

切って茹でる方法!時短

切ってから茹でる方法をご紹介します。

①皮ごと輪切りにしたさつまいも200gをざっと水で洗います。
②鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、火にかけます。
③弱火にして5分煮ます。
④竹串か菜箸を刺して、火が通っているか確認して、完成です。

時間がない時、待てない時、手軽に食べたい時は切ってから茹でると時短できます!皮ごと輪切りがおすすめです。

なぜなら、ある程度栄養が流れるのを防げますし、煮過ぎてもボロボロにならないからです。

200g程度のさつまいもを1cmの輪切りにした時は、5分程度を目安に煮てください。

竹串や菜箸を刺し、スッと入るようなら火が通っているのでお湯を切ってくださいね。

大きな薩摩芋なら、輪切り以外の方法でもいいですが、煮崩れないよう火加減に気をつけることが大事です。

黄色に茹でる方法!色鮮やか

番外編ですが、色鮮やかに茹でる方法があります。

①皮ごと輪切りにしたさつまいも200gをざっと水で洗います。
②鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、レモン汁を小さじ1/2入れて火にかけます。
③弱火にして5分煮ます。
④竹串か菜箸を刺して、火が通っているか確認して、完成です。

レモン汁を入れると色が鮮やかになります。おまけにステンレスの鍋なら、鍋の黒ずみまでとれて一石二鳥!

お菓子作りやドレッシングに使える、こういったレモンジュースでも大丈夫です。腐る心配が減るのでいつでも手軽に使えます。

見た目に美味しそうに、きれいな色に仕上がるのが特徴です。この量なら、味に影響しませんのでご安心を♪

さつまいもの他、野菜の下ごしらえには、湯ぎりが簡単な鍋を普段から愛用しています。

柳宗理のミルクパンは味噌汁に最適!二人暮らしで6年使った感想をブログで紹介
柳宗理のミルクパンは、味噌汁をはじめ、二人暮らしに最適です。 柳宗理(やなぎそうり)ミルクパンを買おうか?ずっと悩んでいませんか? 私はこの片手鍋を、6年間使ってきました。二人暮らしの味噌汁づくりに最適ですし、煮物や野菜を茹でるなど...

ほったらかしでOK「レンジ」で作れる手軽な方法

レンジでの作り方をご紹介します!

火を見ている必要がなく、ほったらかしに出来るのがいいですよね。

W数がポイント♪ レンジで焼き芋のレシピ動画・作り方 | DELISH KITCHEN
さつまいもを手軽にレンジで蒸して焼き芋風に♪さつまいもはじっくり加熱することで甘みが増すため、ワット数を変えて加熱するのがポイントです。濡らしたキッチンペーパーを使って水分を逃さないように蒸します。加熱ムラが起こりやすいため、太さは均一なものを選んでください。さつまいもの大きさにより加熱時間が前後するので時間は適宜調整...

キッチンペーパーとラップで包んだら、W数を途中変えて加熱するのがポイント!

じっくり温める事で甘味が増します。

 

茹でたさつまいもが癖になる!4つのアレンジ

茹でたさつまいもが癖になる4つのアレンジがあります!

ちょっと手を加えるだけで、スイーツ感覚で食べられますよ♪

■バター+塩
■バター+はちみつ
■はちみつ+シナモン
■はちみつ+クリームチーズ

さつまいもスイーツを一から作るのは、手間も時間もかかりますよね。

実は私も面倒くさがりなので、「素材の味を活かせて、さらに乗せるだけ、かけるだけで美味しくなる方法ないかな~。」と試していたところでした。

わたし
わたし

とにかく手軽が好きなタイプです!

この食べ方なら、とても手軽に楽しめます!

味を変えたい時、いつもと違ったものが食べたい時にお試しください♪

さつまいもは茹でる方法でも十分美味しい!飽きたらアレンジも試して!

私は毎年秋~冬のシーズンになると、無性に薩摩芋が食べたくなります。

焼き芋も好きなんですが、時間がない時や、あっさりと素材の味を楽しみたい時は、茹でさつまいもや、レンジでふかしさつまいもを作ったりします♪

私のおすすめの品種は、「シルクスイート」です。

割と新しい品種なのですが、この品種を買ってから、甘くないさつまいもに当たる率が低くなりました。茹でるだけでもとても甘くて美味しいです。

さつまいもってビタミンが豊富なので美容にも良いですし、ヘルシーなので妊婦さんからも喜ばれますよね♪

おやつの代わりに食べれば、体の健康維持にも役立ちます。是非、手軽に茹でさつまいも、お試しください!

タイトルとURLをコピーしました